2018年6月20日 今日のパスタは【バジルベーコンパスタ】です。
おはようございます。今日のパスタは【バジルベーコンパスタ】です。

 Windows10が発売されて早くも三年が経ちました。皆さまの中には買い替えた人も多いのではないかと思います。

 さて、そのwindows10ですが、セキュリティの脆弱性が見つかりました。問題点は新機能のアシスタント「Cortana」。音声で検索ができるという機能なのですが、これを使えば、ログインをロックしていてもファイルを検索できるのです。

 したがって、特にパスワードをパソコンで管理している人は注意が必要。

 人工知能は確かに優れています。しかし、Passwordという文字列は早く探せますが、 Passwordが<どんな意味>を持っているかまでは理解できないのです(新井 紀子『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』東洋経済新報社)。もちろんパスワードを教えたら、どのような結果をもたらすか予測できません。

 この脆弱性は2018年6月のアップデートで修正されています。早めのアップデートをお勧めします。

2018年6月19日 今日のパスタは【鶏肉の明太子パスタ】です。
 おはようございます。今日のパスタは【鶏肉の明太子パスタ】です。

 全身の筋肉を動かそうとしても、その命令が思い通りに伝わらない病気があります。ALS。理論物理学者のスティーブン・ホーキング博士が発症していたことでも知られています。研究分野のブラックホールは、SFでも出てきますね。

2018-06-19.jpg

 症状が進むにつれ、全身が動かなくなります。ホーキング博士も話せなかったため、講義はもっぱら人工音声で行なっていました。ALSの原因はまだ解明されていません。

 

 しかしそのようなALS患者にとって明るいニュースがあります。OriHime eyeで来客者にコーヒーを出すことに成功したのです。OriHime eyeは目の動きを感知し、信号が送れるロボット。

 この開発元であるオリィ研究所は「誰かのために何かをしてあげられる自由はとても大切だ」とツイートしています。

 もともと視線を使って、文字入力を行なう技術は10年以上前から開発されてきました。(伊藤和幸[他]「任意文字連続注視時の視線移動の計測」(情報処理学会研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション、1996年9月)

 しかし、昨今はロボット技術が発展。視線だけで色々なことが可能となったのです。人間相手だとどうしても申し訳なくなってしまうもの。ブラックホールのように見えないからこそ、どのように感じているか不安になってしまうのです。

 ロボットに頼めば、この心理的障壁も取り除けるでしょう。

 

 先述のホーキング博士は米ABCテレビの取材でこう答えています。「まず、星を見上げて、自分の足を見ないようにすること。次に仕事をあきらめないこと。仕事はあなたに意義と目的を与えてくれ、それがなくては人生は空っぽになるからだ」と。

2018年6月18日 今日のパスタは【カルボナーラ】です。
 おはようございます。今日のパスタは【カルボナーラ】です。

 昨日、今日と地震がありましたね。特に今朝の地震は震度6弱を記録しました。別に脅すわけではありませんが、東海大地震はいつ来てもおかしくありません

 普段からどのように対策をしたらいいのでしょうか

1.家具の固定

 阪神淡路大震災で、火災による死者と家具の転倒による死者とどちらが多いのでしょうか? 答えは同数。6400人のうち640人が家具の圧死で亡くなっています

 家具は壁や天井へ固定しましょう。また滑り止めマットの使用も効果があります。

2.食料などの備蓄は大丈夫ですか?

 飲料水 3リットル

 非常食 3日分の食料(ご飯、ビスケット、板チョコ、乾パンなど)

3.非常用の持ち出し袋

 飲料水、非常食の他に

・貴重品(預金通帳、印鑑、現金、健康保険証など)

・救急用品(ばんそうこう、包帯、消毒液、常備薬など)

・ヘルメット、防災ずきん、軍手

・衛生用品(マスク、ウェットティッシュ、携帯トイレ、洗面用具)

・懐中電灯

・衣類(下着、毛布、タオル)

・携帯ラジオ、予備電池、携帯電話の充電器

・使い捨てカイロ

 今一度ご確認くださいませ。

2018年6月15日 今日のパスタは【エビのクリームパスタ】です。
おはようございます。今日のパスタは【エビのクリームパスタ】です。

 今日は鶴舞線で人身事故がありました。通勤時間帯ということもあり、ちょうどその時間に居合わせた人も多いのではないかと思います。そのような場合、どのように行動したらいいのでしょうか。

・駅員の指示に従う。

 これは当然です。しかし混乱しているのか、筆者が見ていると、意外と守れていない人もいました。

 「今から二番出口よりけが人を搬送しますので、地上に出てお待ち下さい」という指示があったにもかかわらず、いつまでも地下に留まっている人も見られました。

・無闇に質問しない

 いつ終わるのかが気になるのは解ります。しかし、特に事故直後はけが人の搬送などで手一杯です。しかし、質問すると対応しないわけにはいきません。人手も時間も質問の対応に奪われてしまうのです。

  騒がしかったパトカーなども帰っていって一段落つき始めると、ようやく駅員の手が空き始めます。質問するとしたらこのタイミング。

 交わした会話はそれっきりです。

・写真を撮らない。

 世相を反映しているのが、この指示でした。スマホなどで手軽に写真が撮れてSNSに掲載できます。気持ちはすごくよく解るのですが、けが人の個人情報が特定される可能性があります。ご遠慮ください。

2018年6月14日 今日のパスタは【キノコとネギの和風パスタ】です。
 おはようございます。今日のパスタは【キノコとネギの和風パスタ】です。

 突然ですが、皆さんの血液型は何型ですか? 占いなどで馴染み深い血液型。血液型以外にも推理小説や親子鑑定にも使われていました。血液型だけで犯人が解るわけがないと思うかもしれません。しかし血液型はABO方式の他に、RH+、RH-もあります。また白血球の型を調べるHLA方式も。

 犯罪捜査や親子鑑定は現在、DNA鑑定に取って代わられています。しかしいまだに血液型が重要視される場面もあります。

 それは献血。事故などで輸血が必要になっても、基本的に血液型が同じでないと固まってしまうのです。

 ABO血液型が発見されたのは意外と古く、1900年。オーストリアのカール・ラントシュタイナーが、二つの血清同士を混ぜると、固まったり固まらなかったりすることを発見したのです。当初はA型、B型、C型という分類でした

 今日、6月14日はラントシュタイナーの誕生日。これを記念して、WHOは世界献血者デーと定めています。この記事を読んで、少しでも献血にご興味を持ってくだされば幸いです。